フランスでの発達障害児の子育て。フランスは支援が大分遅れてますよ【診断】

子育て
スポンサーリンク

今回は子育てについて。

初めてのお子さんを海外で育てるって大変ですよね。

慣れない土地での子育ては孤独を生みやすくなるので、日本人ママさんたちと支え合っている方も多いんではないかと思います。

幸いにも私が住んでいるフランスの子育て支援はとても良いし、社会の理解もある。

パートナーと一緒に子育てや家事を共有しているので、働くママさんが圧倒的に多いのです。


とても子育てしやすい国で恵まれていると思うのですが、

それは健常児の子育てに限った話。

自閉症・ADHDなどの発達障害児や障害を持つお子さんの子育てには向いていない国かもしれません。


よくテレビで「海外の子育て支援はこんなに進んでいる‼」と日本と比較し、海外で子育てをしたい!と思う方もいらっしゃいますが、今回はかなりシビアなお話。

お子さんの発達に「アレっ」と心配をされている方で、

  • パートナーがフランス人の方。
  • フランスに住んでいる方。
  • フランスに移住予定の方。

こういった方に向けて。

特にフランスでお子さんに加配や支援級・支援学校を考えている方、

義務教育であっても、診断⇒申請⇒決定⇒通知⇒支援の後しか必要な支援を受けれないので、

診断が遅れると必要な支援(学校の加配や支援級・支援学校の進路)も遅れるという歯がゆい状態が生まれます。


今回は フランスの障害児支援【診断】についてお話します。

スポンサーリンク

フランスで発達障害児の子育て「診断がつくまでが長い」

元気いっぱいでよく笑うし可愛いけれども

子育てしにくい…

話を聞いているのかどうかも分からないし…

あれっ?もしかして?

と、我が子の事をお医者さんや専門機関に相談に行きたい。

そう思う両親がほとんどだと思いますが、

お医者さん探しの段階から苦労するのがフランスです。

フランスでは予約の取れる専門医がなかなか見つからないので、 診断がつくまでとにかく長がく待つことになります。

もし診断がついたとしても、果たして支援を本当に受けれるか?

それは確定ではありません。

支援を受けれるか受けれないのか?

知るまでの道のりが非常に長くなります。

乳幼児健康診査 「集団検診」がない

まず日本とフランスの大きな違いといえば、 フランスには各市町村が行う発達検診はありません。なのでもちろん乳幼児を対象とした集団検診がありません。

日本ならば 1歳半・3歳・入学前などの集団発達検査があるので、その場で保健師さんに相談することもできます。

なんなら保健師さんの方から「お母さまこちらへどうぞ」といった感じで、個別で相談を切り出してくれる人もいます。

日本の子育てのメリットは、お母さんがお子さんの発達の遅れに気づかなかった場合でも、集団検診の場で保健師さんからアドバイスを受けれるので、

早い段階で療育に繋げていくことが可能です。

日本では「(発達が)グレーゾーン」と言われる子供たちが大勢いて療育を受けている子もいますよね。育てにくい子と思っていてもまさか障害が有る無しの「グレーゾーン」と言われると思っていなかったお母さんも沢山いるのではと思います。

まだ年齢が低くて診断が難しいケースでも早めに療育を受けることができるのが日本です。

発達の遅れは「2か国環境 」が影響してると思われ、様子見になる…

一方フランスの場合、集団の発達検査がないので、お母さんがお子さんの発達の遅れに気づかなかった場合は、誰からも指摘がありません。

フランスも予防接種の義務はもちろんあるし、○○か月検診などで小児科に行く機会ももちろんあります。

お子さんの発達の遅れなどは両親がかかりつけの医師に相談しないと、3~4歳前に気づいてもらえないケースもありますよ。

検診でみっちり検査する先生もいますが「稀」です。

大体そういった先生は人気なので、新規患者の予約を受け付けない場合もあります。

なので発達の遅れがグレーソーン~軽度の子どもであれば見過ごされやすいのです。


特にフランス人と日本人のハーフのお子さんや、日本人のお子さんは、言葉が遅れていたとしても「2か国語環境」が影響していると思われるので、言葉が遅れて当然と思われています。

こちらから「どういったところに不安がある」という事をハッキリと言葉にして伝えないと専門医への紹介状はもらえません。

例え口に出してハッキリと発達の遅れを話したとしても、

グレーゾーンの子は「 紹介状 」ではなく、様子見で終わることが多いです。

2歳代からの早期療育をしたくてもできない場合があります。



フランスの予防接種「義務」について

フランスでは発達障害を診断できる専門医の予約が取れない

そしてフランスでは専門医に予約したくても、長く待たなければいけない。

ものすごく大きな「壁」があります。

もし無事に担当医から「紹介状」をもらったとしても、

子供の障害の有り無しを診断できる専門医は限られています。

自閉症や発達障害を診断できる専門医は、

  • Psychiatre「精神科医」
  • Neuropédiatre「神経小児科医」

です。そして医師の数が少ない。圧倒的に足りていません。

予約が半年後に取れればラッキーな方で、

キャンセルのリスト待ち。

もしくは断られる場合が多々あります。


電話した時に予約日時を教えてくれるのはラッキーなこと、珍しい事だと考えてください。

一般の大きな病院であれば、予約をするときに今までの「検査内容」「紹介状」そして、いくつかの必要書類を指定される場合があります。その書類を一式送った後に病院側が予約を受けるか断るかの審査があり、後日お手紙で返事が来るパターンが多いです

なので電話した時に〇月〇日の〇時と即答するところはあまりないかもしれません。

お手紙で予約日時が分かる事が圧倒的に多いです。

なので予約が取れるかどうかのお返事をもらうまでに1~2か月くらいかかる場合もあります。

そしてそこからお手紙に記載されている指定された診察日までひたすら待つことになります。


もし開業医の先生が人気の先生であれば、新規の患者を受け付けていない場合もあります。

開業医の先生の場合は病院ほど手続きは難しくありません。

ですがそれでも待つことには変わりありません。

開業したばかりの先生を見つけて電話するのが一番の得策ではないかと思うくらい予約がとれません。


病院であっても開業医の先生であっても共通して言えることは、1回目の電話で予約は取れない事が多々有りです。

リストを作って片っ端から電話していく感じになります。

そしてとりあえず書類を送ってと言われたら送る。

送ったとしても予約が取れるわけでないので、同時に複数の専門医にコンタクト取ることをお勧めします。

フランスで専門医がなかなか見つからないお話。

療育施設だと予約は早く取れるのか?

療育施設で発達障害の診断を受けたい場合、専門医もいるので未診断であれば予約は早めにとれることがあります。

フランスの療育施設には「SESSAD」「CMP(E)」「CAMPS」などがありますが、

もし幼稚園や学校に通っている子であれば、担任の先生から連絡をしてもらうと早めに予約取ってくれる場合があります。


ただ国がしている療育施設の療育の質は賛否両論で、

医師も療育者も当たりはずれが多いです。

アメリカンホスピタルで発達障害の診断はできるか?

駐在の日本人の方はアメホスに行く場合がほとんどだと思いますが、

アメホスにも診断をしてくれる専門医がいるので、日本人のアシスタントの方に聞いてもらうのが一番ストレスなくよいと思います。

フランス語で予約の電話した場合は、紹介所のほかにも先生宛のお手紙が個別に必要な場合があり、そこからお返事待ちになります。

フランスでの発達障害の診断方法は?

病院か開業医の先生を選ぶかで大きく変わります。

開業医の先生の場合、最初の予約では1時間ほどで問診やちょっとしたテストと身体検査をすることがほとんどです。

それでいきなり診断をつけるところもありますし、

いくつかの病院では、言語聴覚士や心理士の先生が待機していて、みっちり検査してくれるところもあります。

最長では2日かけて発達を検査する病院もありますが、1年ほど待たなければいけません。


ちなみに我が家の長男はかなりのグレーだったので、

8人の専門医の方に会いましたが、どこも1時間ほどの簡単な内容で診断を決めているので、8名中3名が【誤診断】で、残りは【分からない】といった散々な結果しかもらえなかった過去があります。

一番正確なのは心理士が行うウィスクと言語聴覚士が数時間かけて行った言語テストだったので、フランスでの発達障害の検査はかなりみっちり検査してくれるところ以外は信頼ならないものだと実感してます。

スポンサーリンク

診断を待つ間にできること

専門医探し、最初のランデブーがとにかく長いフランスですが、

ぼーっと待つわけにはいきません。

待ちの時間はとてつもなく長いです。(最長1年)

この間、行動を起こさなければもったいない。

子供は無限の可能性を秘めているし、年齢が早ければ早いほど必要な支援(療育)が吸収できます。

もし言葉が遅いなどの不安がある場合は、

とりあえずかかりつけの医師に行って、必要な支援だと思われる各療育のスペシャリストへの紹介状(Ordonnance)を書いてもらってください。

これは一般医でも書いてくれるので医師が納得すれば即座にもらうことができます。

特に言語聴覚士は医師のOrdonnanceが必要です。

  • 言語聴覚士(Orthophoniste)
  • 作業療法士(Psychomotricien 、手先の不器用さが気になるときはErgothérapiでも可)
  • 心理カウンセラー(Psychologue)

なぜすぐに行動を起こさなければいけないかというと、

ここも待ち時間が長いからです。

予約がスムーズに取れる人はコネがある人で、

残りの人たちは、とりあえず片っ端から電話する、キャンセル待ちのリストに載せてもらう。

この流れを繰り返さなければいけません。

キャンセル待ちのリストに載った後も、キャンセル待ちが空きそうか?

一か月毎に、どうなったかの伺いの連絡をしなければキャンセル待ちの場所は動きません。

新しく開業した人でなければどこも一杯なので、

キャンセル待ちを数件確保することをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

フランスでの発達検査。

正確な診断を知りたい場合は、かなりの時間を待つことになりますが、

予約したい病院があっても断られることも多々あります。

特に加配や支援級・支援学校の手配は、診断⇒申請⇒決定⇒通知⇒支援の後しか受けれないので、診断が遅れると必要な支援も遅れるという歯がゆい状態が生まれます。

コメント