【リフォーム・トラブル】追加工事もトラブルになる…恐ろしいフランスの事例

【リフォーム・トラブル】追加工事もトラブルになる…恐ろしいフランスの事例 海外あるある
【リフォーム・トラブル】追加工事もトラブルになる…恐ろしいフランスの事例
スポンサーリンク

なんでもかんでも自分でリフォームする人が多いフランスですが、時にはプロの手が必要な時もあります。

DIYが当たり前のフランスで、高いお金を出してプロにお願いする。

超優良企業に注文していたので、安心していたら…

とっても痛い目にあった実話です。

フランス在住の人で、これからリフォームを予定している人へ。

こんな事が待っているよ!

という事前の心構えのつもりで、この記事に目を通してくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

フランス大手企業とのリフォーム・トラブル

いままさに散々な目にあっているリフォーム・トラブル。

事の始まりは、とある大企業に工事を依頼した事でした。

その会社とは、よくCMで流れているあの大手ホームセンター「L・M」。

フランスを代表するホームセンターなので、気づいた人もいるかもしれません。


隣人がこの会社に雨戸の取り付けを依頼した時は、仕上がりが素晴らしくスピーディ、なので何の疑いもなく安心しきっておりました…

それ故、我が家も「 窓・窓枠 ・雨戸」の発注と、取り付け作業を依頼してみました…


が!

出来上がりを見てビックリ!

全ての窓取り付けが完成して満足そうに

「 カンセイ! 僕の仕事終わりました 」

という天然作業員。

彼の出来上がりがこれ↓↓

何か窓枠浮いてない?
何か窓枠浮いてない?

正面からだと分かりづらいけど、実は窓枠が壁から2cmも!浮いているんです。

そして、 窓枠から白いモコモコがはみでている、なんか白い物体が…

この白いモコモコはムースと呼ばれるものなんですが、

瞬時に泡のモコモコが乾いて、空気を含んだ発泡スチロールのようになるんです。


彼が言うには、

「仕上げは別料金、デモこれで問題ない」

って言いだすんで…

「ウソやろ…」って

契約書類を確認しても、やっぱり「取り付け工事」と「仕上げ込み 」のトータルな工事と書いてあるんですね。


「この作業員、何を言っているのか分からない… 」

と旦那も私も混乱し始めてしまったんです。


でも何度、仕上げ込みの料金を支払っているよと言っても、

「僕の会社の人は、取り付け工事だけって言ってたよ」

と…

元請けのホームセンターに確認の「カ」も思い浮かんでいない人です。


違う角度から窓枠を見てみると、

完璧に壁から浮いている窓枠…
完璧に壁から浮いている窓枠…

ちょっとこれ、ひどくないですか?

お家にある窓のすべてがこんな感じで、シャワー室にあるお風呂の窓もそう。

でも例の天然作業員は、

「これでシャワー使っても大丈夫、水は漏れない!」

ってサラッと言いだすんですよ。

(もう笑うしかない)

「いやいや漏れるやろ、モコモコから水が壁に浸透していくやろ 」

って反論する旦那なんだけど、

この人ホントにおかしい、ホントニオカシイ…

工事の途中から、いろいろな事で違和感がでてきてはいたけど、

取付完了したら自信満々なところも、絶対オカシイ。

そして、その後も出るわ出るわ、出てくるわ。

いたるところで壁が壊れているけど、

モコモコがすごいけど、壁も壊れている
モコモコがすごいけど、壁も壊れている

「これはサポート範囲ではない 」

って言い放つんですね。


そしてさらには、コレ。

外からの太陽の光が…

窓の大きさ合ってないよ
窓の大きさも合ってないよ

これは、もともとあった窓よりも小さく測って発注している為、壁も窓もない2,5cmの隙間が出現。

そこにムースで穴埋めして隠しているんです。

窓のサイズを測ったのは、例の天然作業員。


そしてさらには雨戸にまで問題が…

新品の雨戸に穴をあける作業員

間違って、新品の雨戸に穴をあけた作業員。

でもバレないと思ったのか、普通に設置していた。

ちなみに取り付け違いの雨戸もあったりして…

新品なのに傷だらけの窓が混ざっていたり…


コイツは天然なんかじゃない!

天然と見せかけていた確信犯なんだと気づき…

さらには外窓部分の仕事は、ほぼやっていない事も判明。

  • 外窓に付ける水除が、配送時点ですべて折り曲がって壊れている。
  • 外窓と外壁の隙間をシリコンで埋めてない。
  • 外から見たら窓も壁もない、白いモコモコがむき出し。

つまり今の状態では、仕上げどころの話ではなく、雨が降れば確実に家の中に水が漏れてくるようになってしまったのです。


これはイカン奴や!

イカン奴が工事を担当しとる!

となった出来事が今年2019年の1月です。

一応、顧客対応に力をいれている会社です

一応年の為にいうと、 L・Mは顧客対応に力を入れている会社で、2017年に「Prix Excellence Client 」を受賞している優良企業です。

この賞は、顧客に満足のいくサービスを提供することで成功した企業、顧客満足度の高い会社が受ける賞。

フランスでは相手側のミスがあってもなかなか認めてくれなかったり、認めてくれても対応が大きく遅れるのが、デフォルトですが、


フランスで、サービスの質がいい!

と評価されている企業の「クレーム処理機能 」 はどうなんでしょうか?


フランスで顧客満足度が高い「Prix Excellence Client 」を受け取っている会社には

  • Decathlon
  • ING Direct
  • Nature&Discoveries
  • Nocibé
  • Picard
  • Leroy Merlin

こんな感じですが、

これらの会社でトラブルが発生した場合は、どんな対応をしてくれるのか?


ここまでが前置きで長かったんですが(笑)

4日で終わるはずだった工事が始まってから、ほぼ半年が経つ今、

追加工事を依頼するまでにどんな事が起こったのか?

メモでまとめてみます。

日本では想像できない事が次々と出てきます。

スポンサーリンク

リフォームトラブル、追加工事に辿りつくまで

まず契約書通りの内容の仕事をしてもらうように依頼。

いたって普通の事しかお願いしていません(泣)

  • 傷だらけの窓の取り換え
  • サイズが違う窓の取り換え
  • 穴をあけた雨戸の取り換え
  • 窓枠の仕上げ最後までやる
  • 外窓と壁の間、水が浸入しない様にシリコンで防ぐ
  • 備え付けの水除、配達時点ですべて壊れたので取り換え

これくらいを最初に依頼をしなければいけなかったのですが、

まずはメールで証拠写真と文章にて正式に要求です。

次に、契約した店舗の責任者の元に向かってみたんです。


そしたら、

「担当した人がバカンスでいないから、契約内容がよくわからない」

って言うんですよ。

あれ、あなたが責任者じゃないの?

契約書とってあるから確認すればいいよね。

って思うんですよ、日本人なら。

でも、分からない~。

そして、

「追加工事が出来るかは、店舗のディレクターが決めるんで… 」

って言うんですよ。

「ディレクターの反応を待ちましょう。 」

って言うんですよ。

この時点では、だれが追加工事の負担を支払うか?

まったくわかっていませんでした。

あり得ない話、

手抜き工事が原因の追加工事をクライアントが負担するかもしれないって話だったんですよ、最初は。


でも出来る事は、ディレクターの返事と担当者のバカンス帰りを待つしかなく…

待っても待っても返事がこないんです。

とりあえずディレクター連絡よこせ!

と思いながらも、連絡がこないんで、待ちきれず電話してみたんです。

店舗に。

でも誰もいないんです。

大手企業のくせに誰も電話にでないんです…

水曜日だったのに誰も電話にでなかったんです。


なので、本社に電話をしてみたんです。

事情を話し、メールを転送し、ヤバい状況が分かった本社の人。

これはイカンと思ったのか、店舗のディレクターから連絡をさせると約束してくれたものの、

全然、折り返しの電話なんてかけてきてくれません。


なんで2日後、本社に電話したんです。

そしたら、本社の人が教えてくれたのは、

ディレクターが、「クレームのメールなんてもらってない 」 って言ってたって言うんですよ。

もうホント疲れます。

なんか全然話が進まないし、ホントに疲れる事ばかりです。

(続く)

コメント