2019年のフランス猛暑、6月なのに気温が上がりすぎて酷暑に…

2019年のフランス猛暑、6月なのに気温が上がりすぎて酷暑に… フランス現地情報
2019年のフランス猛暑、6月なのに気温が上がりすぎて酷暑に…
スポンサーリンク

フランスは寒かったり暑かったり、忙しい国です。

2019年6月、気温の変化が凄まじく、

第1週目の週末は、暑すぎて海に行ったはずなのに、

翌週の第2週目は、寒くて薄手のダウンコートをきて震えていました。

自分のツイートを見返しても、気温のアップダウンが激しいなと、

再実感しています。


ずっと肌寒かったのに、突然サハラからの熱波が襲ってきて、6月26日(水)から30日(水)までは、猛暑のピークを迎えるそう。

40度を超える地域もでるみたいで、体感温度が50度くらいになるところもあるそうです。

「エアコンが普及していないフランスで、そんなに暑かったら死ぬんではない? 」

と思いますが、そうなんです。

実際に2003年8月のヨーロッパ熱波では15,000人が亡くなっています。

詳しくはこちらからの記事に書いています↓↓



気温の高低差が激しいせいで、暑いのに鼻水が出ている子供が続出です。

スポンサーリンク

フランス気象局が呼びかけている、警戒の見方

フランス気象局が「猛暑 」 を呼びかけているのですが、

私が長い事、勘違いしている事があったんですよ。

2019年6月、今回の前倒し型の猛暑は異例で、確かに大変危険です。

2003年に大きな被害を出した「ヨーロッパ熱波」と比較されているくらいです。

今となれば、大変だ!

子供の水筒の準備しなきゃ!と事前に準備できます。


ただ、

フランスに来て間もない頃、

フランス語が分からないし、なんて書いてあるか分からず、

とりあえず地図上に塗ってある色で、暑さの判断をしていました。

例えば、これです↓↓

これは、フランス気象局が「猛暑」に対して警戒を呼び掛けているものですが、

何となく暑いんだろうなとは伝わってきます。

「パリはオレンジ色か~ 」

「日本で暑いのに慣れているし、大丈夫やわ~ 」

と思いませんか?

私もそう思っていました…


実はフランス猛暑にはレベルが4段階あって、今回の警告は「レベル3」のオレンジ色です。

色的に、大したことなさそうだと思いますが、

死活問題になるレベル4手前の大きな範囲を指しています。

  • レベル1 緑
  • レベル2 黄色
  • レベル3 オレンジ → 2019年6月の熱波はココ
  • レベル4 赤


ちなみに猛暑の警戒レベル4(赤色)は珍しく、どういった事を指すのかというと、気温が昇りすぎて「干ばつ」「 山火事 」「停電」が発生する事態で、労働時間の調節や学校の閉鎖が全面的に検討されます。

公共交通機関の乗り物の中でさえも、エアコンが普及していないフランスでの「レベル4 」 は危険です。


しかし、とうとう初のレベル4になった地域もでてきました。(2019・06・27)

モンペリエとニームの中間にある小さな街、Gallargues-le-Montueux(ガラルグ・ル・モンテュ)にて、45.9度の最高気温を更新。 (2019・06・28)

もう異常気象です。

そういえば、アイスクリームをお店に買いにいった時、アイスクリームがほとんど無くなっていました。

エアコンとか扇風機がない家庭が多いので、雨戸を閉めて熱気をシャットダウンしているお家が多かったです。

2019年は6月に続き、7月にも異常気象(2019・7・25)

2019年7月25日の午後、パリの気温は42度まで上がる予報。

パリ市民はいまだ経験したことのない猛暑になりそう…
イル・ド・フランス周辺地域とそれより北部地域にいる方に「猛暑レベル4」 の厳重警戒伝える、赤色マークに変わりました。

逆に南フランスのモンペリエ周辺は32度、スペインとの国境に近いビアリッツ周辺は29度となっています。



エアコンの普及率についてもコチラ↓↓

酷暑過ぎると、学校がお休みになる

酷暑の警戒レベルが4になると多くの場合、学校は閉鎖され、子供たちはお家に残って一時活動をお休みします。

でも今回(2019年6月)のような、レベル3でも学校の判断で学校が休校になる事があります。

現在、パリ南部郊外の「 Essonne(エソンヌ) 」では、51校が2日間の休校を決定していますが、 「 Seine-et-Marne( セーヌエマルヌ ) 」、「 Val-de-Marne( バルドマルヌ ) 」でも同じ決定をしている学校が多くあります。

2019年6月27日(木)は、225校の学校が閉鎖に。(2019・6・30追記)

スポンサーリンク

酷暑と花粉アレルギーのダブルパンチ

そして最悪なのが、花粉アレルギーを持っている人。

花粉症の飛散量は少し落ち着いたきたものの、一部地域では大量の花粉が飛んでいます。

太陽がサンサン照り付けているし、風がまったくふいていないので、空気中に舞う花粉の量が多くなっています。

暑さと花粉症状のダブルパンチ。

特に、イブリン県・エソンヌ県にお住いの方は要注意です。

フランスの花粉症についてはコチラ↓↓



特にフランス時間の12時から17時の間は、気温・花粉ともに上昇するので、この時間帯の外出は避けた方がよさそうです。



コメント