【フランス語】知ると便利なバカンス用語、Pontの使い方

知ると便利なフランス語フランス語
知ると便利なフランス語
スポンサーリンク

フランス語を習い始めたばかりの頃

誰がフランス語考えたんだろう…

何でこんなに複雑な動詞の活用にしたんだろう…

と本気で呪った事があるほど、フランス語は劇的に難しい。

しかし最近ではフランスは哲学の国なんだなぁと、フランス語を通して実感させられています。

スポンサーリンク

実践編、フランス語習得の仕方

実践編、フランス語習得の仕方

実践編、フランス語習得の仕方

どこか詩のようで、ピンとこないフランス語表現

実践のフランス語表現について、習得の仕方はこうです。

ピンとこないけど、周りは笑っている

違う話題に話が流れる

笑ってやり過ごす

後で調べる

調べてもピンとこない

誰かに聞く

何となく分かってくる

大体このループで試行錯誤しながら、フランス語を習得していきます。

スポンサーリンク

ピンとくるフランス語の表現もあります

しかし、中には一発でピンとくる表現もあります。

バカンス日程を確保する際よく使います。

便利な言葉【Pont】

pontの主要な意味、日本語では【橋】です。その他にも【橋渡し】【甲板】【デッキ】という意味もあります。

これに、する・作るという意味の動詞【faire】+ pontの冠詞【le】をつけて

faire + le pontとすると

【休日と祝日のように2つの休日に挟まれた平日に休みを取る】という意味を持ちます。

フランス在住の日本人の間では【ポン】だけで通じる事ができます。


来週休みを取る予定にしている場合

Je fais le pont la semaine prochaine.

私は来週、ポンするよー!

みたいな感じで使えます。


持つという意味を持つ動詞【avoir】でavoir le pontとは決して言わないので注意です。

軽々しく訳していますが、実はこの表現の歴史は古く、ナポレオンの甥ナポレオン3世がフランス皇帝に即位した1852年、既に同等の意味で使用されていました。

スポンサーリンク

学校もお休み、ポンの日

バカンスになると本気を出すフランス

バカンスまでの残り時間をカウントしている『vacances-scolaires.education』さんによると、すでに学校カレンダーでポンする日が設定されていました。

2019年5月30日 (木) 、この日は祝日

翌日5月31日 (金) は、この日は平日

から6月1日 (土) 、6月2日 (日) は週末

2018-2019年度5月31日 (金) 、学校 (幼稚園・小学校・中学校・高校) はお休みです。

特に小学生以下のお子さんを持つ多くの方は、この日は働いていないかもしれません。

スポンサーリンク

pont、その他の表現

larousse.frより、その他のpontを使った表現を調べてみました。

Couper (brûler) les ponts (derrière soi).

後戻りを不可能にするような表現

【例】関係を打ち切る、絶交する、後戻りできない


Faire un pont d’or à quelqu’un.

高額な報酬で決意させる、サービスを引き出したい時

【例】ヘッドハンティングなど高給で引き抜く・転職などを決意させる


Il passera (coulera) de l’eau (beaucoup d’eau) sous les ponts.

何かをするまでに非常に長い時間がかかる。

【例】何も生み出さない、さばけない、何も起こらない、起こることがない

スポンサーリンク

まとめ

言葉の壁は厚い、

フランス語の壁は恐ろしく厚い…

壁を乗り越えなくても、とにかく簡単なフレーズから覚えて実践する。

今回紹介したpontの使用例はごく一部ですが、faire + le pontはよく耳にする表現です。

身近な表現法を一つ知るだけでも、いろんな場面で話を繋げる事ができます。