【子育てに正解なし】ワンオペ育児が辛い、イライラ、疲れ、悩みからの脱却

【子育てに正解なし】ワンオペ育児が辛い、イライラ、疲れ、悩みからの脱却 子育て
【子育てに正解なし】ワンオペ育児が辛い、イライラ、疲れ、悩みからの脱却
スポンサーリンク

生まれた我が子は寝てくれず、何をしても一日中泣きっぱなしで買い物に行けない…

親しい人もいない慣れない土地で子育てをしている。

親が遠く離れた場所に住んでいて、簡単に頼れない…

旦那は朝早く夜も遅いので頼れない…

パートナーとの子育て方針の違い…

常に孤独のワンオペ育児で、 さらに海外で子育てしている。

育児で自由が無くなってしまった今、余計に孤独を感じたり、ストレスが大きくのしかかったり、【子育てがしんどい 】と思っている人は、私だけではないはずです。


初めてこのサイトのこのページを訪れた方、

育児に悩んでいて、ここにたどり着いた方がほとんどだと思います。

この記事を書いている私は、海外(フランス ) 在住ですが、まさにそんな感じ。


毎日毎日、大変な部類に入る男子2人の子育てをしていると、イライラの沸点地がかなり低い所にあるので、ヒステリック気味になりやすく…

こんな状況ではイカンと我に返る時がありますが、頼れる人もいないので、いかに自分のストレスや疲れを軽減できるか、試行錯誤しながら子育てしている真っ最中。

今日は子育てについて、今までに実践してきて良かったこと、気付けてよかった事をメモっています。

あくまでも私自身がやってきて良かった方法ですが、もし参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

育児疲れ・イライラを無くす方法

悪い事をしたら怒る、けれども普段は子供を理解する優しいママ。

これが理想なのですが、ママが疲れていて極度のストレスが溜まっていると、なかなかそうはいきませんよね。

子育てうんぬんかんぬんよりも、まずはママ(自分)の精神状態をリラックスに近い状態にする事が先決です。

頑張りすぎない。

この一言をモットーに育児しています。

義理家族には頼らない

自分の実家は遠いけど、義理家族が目と鼻の先に住んでる。

でもそこまで仲良くはない。

沢山いらっしゃると思います。


ちなみに我が家の場合は、

  • 約束の時間に来ない・いない。
  • 預かる日を前日でドタキャンされる。
  • (義理両親は)都合のいい時に我が家に来るが、義理実家に行くときは指定された時間厳守。
  • 疲れているのに我が家にきたがる。しかも呼んでいない人もつれてくる。
  • 預かってくれる時も年に2度程あるが、テレビ漬け・お菓子漬けがデフォルト。
  • 孫によって温度差がある


こう書いていると、なんて非常識な人だろうと思いますが、

すべて私の義理家族のことです(笑)

途中から顔を見るだけでもイライラが止まらなくなったので、連絡するのを止めてみました。

頼らず・期待せず・招待せず、出向かず。

正直に旦那に話し理解してもらえたので、全てを必要最低限にしたとたん、イライラと疲れが収まりました。

家事は手を抜く

雨の日以外、日に2度の公園遊びや散歩を欠かさず。

こればかりを優先にしていたので、家事は手抜き状態に。

洗濯は溜まった時に。

夕飯よりも離乳食を優先に。

四つん這いでハイハイして疲れると、なぜか床に顔をスリスリしながらペロペロする子だったので、居間の床だけは毎日手で拭いていましたが、トイレやお風呂の掃除は週に1~2回だけです。

子育てをしていると家事が進まない事ってありますよね。

以前は家事がはかどらないイライラがありましたが、

掃除とかどうでもいいやん、赤ちゃん優先やろ」という友人の一言に救われ、 手抜きを実践してみたら時間にゆとりができて大分楽になりました。

ママが掃除している間、機嫌よく待ってくれる子もいますが、我が家の場合は泣きっぱなしだったので、ある程度簡潔に終わらして一緒に遊ぶようになり母子ともにウィンウィンです。

子預かりサービスは出来るだけ使う

子の預かりサービスは出来るだけ利用させてもらいました。

託児所などが例えですが、

フランスの場合、働いていないママ・外国人のママの子供でも、通わせることの出来る託児所「Garderie(ギャルドリ)」があります。

住んでいる地域によって週に何時間預かってくれるか?

予約方法やサービスの内容(ごはん付き・無し、おむつ持参・持参無し)なども違います。

利用料金は世帯収入によって変わりますが、低価格で利用できるのでおすすめです。

ギャルドリに行ってくれればプレのような役割も果たしてくれるし、他の子供達とちょことづつ関わり合える練習ができるし、ママにも自由な時間が出来るし、子供にもママにも有意義な時間ができます。

私はこの時間を利用して、夜の寝不足分を補っていました(笑)

人は睡眠時間が無くなるとイライラしやすくなるんですが、これで大分解決できた気がします。

託児所を利用してみた感じ、外国人のママのが物凄く多くて、園長さんが親身にいろいろと手伝ってくださる方でとっても過ごしやすかったです。

勇気を出して利用してよかったと思ってます。

無理に他の子供と遊ばせようとしない

子供が歩き出すようになると、誰かほかの子供と遊ばせてあげたい!

と思うかもしれません。

一人でかわいそうだな、お友達を作ってあげたいなと思って、人が多い公園に連れて行った時期もありますが、それが逆効果だったようで、順番待ちが出来なかったり、思いっきり遊具で遊べなかったり、叩かれたりする事が多くなり…

常に子供を監視するようになって余計に疲れてしまうので、人の少ない時間帯を狙って行くようになりました。
すると、公園トラブルが少なく快適に過ごせることができる!(フランスの場合、16時以降の公園は一気に人が増えます )

特に午前中は人もいなく、好きな遊具を好きなだけ占領できるので、おもいっきり遊ぶこともできます。その後は黙々と一人遊びに移行するので、他の小さな子がつられて横で遊ぶという理想の遊び方の構図がいつの間にか出来上がっていました。

無理に他の子と遊ばせようとせず、ママも子供の時間を大切に過ごすと穏やかに過ごすことができます。

親同士の付き合いは焦らず挨拶だけ

子供が3歳を迎える年になると、保育園・幼稚園に入学すると思います。

フランスでもそうですが、ジモッチ同士が仲良くグループになったり、

家の方向が同じ子供同士が固まって仲良くなったりする傾向があるので、一歩で遅れたような気分になりますよね。

特に私の子供は校区外から通っているので、焦りもあったのですが、

よく周りを見てみると、自分以外もボッチの親御さんが半数くらいいる事に気が付きました。

もとからグループ行動よりも個人の付き合いが好きだし、フランス語で笑いを飛ばし合えないので、なかなか子供の友達の親御さんと会話する機会もないのですが、

1人ぽつんの人は他にもいる

それを知ってから非常に気楽です。

とりあえず「挨拶」だけは笑顔で実践しています。

するとボチボチ話かけられるようになるし、今ではお出かけするくらい親しい人もいるので、焦りは禁物です。

海外の子育て論に惑わされない

海外在住者の子育て。

一番苦労するのはパートナーやその国の子育て方針の違いではないですか?

例えば、

赤ちゃんのうちから一人で寝る

親は子供と添い寝するのか、しないのか…

これが原因でケンカしているところも多いんではないでしょうか?

早い所では生後1か月から一人寝のトレーニングを始めますが、

「 泣かせておけばそのうち一人で寝れるようになる 」のがトレーニングです。

生後半年過ぎれは、夜中のミルクも必要なくなるので、

「夜中に起きても探しにいかない」

赤ちゃんが泣く度にその都度パイをあげてたらパイがないと寝れなくなります。

ちょくちょく起きる癖がついてしまうので、いちいち相手にしないのです。

すると、 泣いても無駄だと赤ちゃんなりに学習し、赤ちゃん時代から1人で寝る事が出来るようになるのですが…

母親は、まだ幼い子供が「ママ~」と叫びながら泣き叫ぶ間が辛いこと辛いこと。

確かに働いているママも多いので、子供がぐっすり寝てくれると楽です。

フランス流の「添い寝をしないメリット」には?
  • 子供の睡眠を阻害しない
  • 夜中のミルクは必要ない
  • 子供の自立心を養う
  • 母親の負担を減らす


しかし、もちろん暗闇が怖い子もいます。

ものすごく怖がりの子であったり、過敏な子供は、トレーニング後も泣き方がひどいので、ちょくちょく起きたりします。

添い寝をすると、子供が自立しないのか?

そんな事いったら、日本人の子供はみんな自立していない事になるんじゃないか?

例え夜中に起きたとしても、親が横にいれば安心感を与える事ができます。

親と一緒に寝る事で子供は安心感を得る事ができる、「添い寝」こそ子供側に大きなメリットがあると思い、子供が年中さん終わりころになるまでフランスでも添い寝を続けていました。


ただフランスに住んでいて、この話をすると驚かれ、中には頭ごなしに批判するお医者さんもいらっしゃいます。

義理の家族、小児科の先生、託児所の園長先生、幼稚園の先生にうっかり話してしまうと論される事もあるので、

なにか聞かれた時は、「子供は赤ちゃんの時から1人でぐっすり寝ている 」「 おっぱいも生後半年で止めてミルク飲んでいる 」 と嘘をついて過ごしています。

自分のお子さんがどういったタイプの子か見極めるのはお母さんなので、いちいち他人に論されたくないし、幼いころに安心感を与え育てる事で、心おきなく巣立っていくことができると思っています。

ちなみに5歳まで添い寝をした長男ですが、なかなか優しい自立心のある子供に育っています。

誰に何を言われても、自分の子育て方針は曲げなくていいと思います。

旦那なしで里帰りする

月に一度、夜はお友達と食事に出かけてリフレッシュしていますが、

最大のエッセンスは、旦那抜きの里帰りです。

年に一度の夏休みに日本の実家に帰りますが、

我が家の場合、夏休みの過ごし方は夫婦別々です。

この期間は、お互いが独身時代に戻ったかのように生き返ります。


これがあるからこそ、翌年まで頑張れる気がするんです(笑)

周りのお友達もそうですが、里帰り直後の人の顔は活き活きしています。

いい年の大人が長期実家に滞在できるなんて、恵まれている以外の他なにもありません。

でも今のうちに甘えさせてもらっています。


たまにフランス人のご主人をお持ちの方で、

日本での女子会に旦那も一緒に連れていく人がいるんですが、

個人的にあれは無しだろうと思っています。

年に一度くらいしか会えない久々の友との集まりに、日本語が話せない旦那を連れて行くと、話せる内容が限定されてしまうし、いちいち訳さなければいけないし、友達にも気を使わせてしまいます。

そして旦那がいると、楽しさが一気に半減してしまいます。

旦那ぬきの里帰りはおススメです。

どんな上品なママもお家では違う

フランス人のママで、決してカッとならずよくよく子供に説明している人がいます。

とても上品なママさんで、待ち時間の間は子供に絵本の読み聞かせをしてあげたり、感想を聞いて言葉の引き出しをくすぐってあげたり。

例えば子供の意見に「ノン」と言わずに「それは良いアイディアじゃないね」とか言葉の選び方が上手いのです。

私もあんなママになりたいな、どんな時もカッとならず、上手く子供に伝わるようにできればいいなと遠目でみていました。

ちなみにその人の装いはいつも、膝丈のスカートにアンサンブルのニットとフラットのパンプスで、とてもお上品です。


でもある時、少し遠めの駐車場のスペースに車を止め、シートを倒して寝ていると、

ものすごい勢いで一台の車が横にとまり、車内から怒鳴り声が聞こえてきました。

なんだか子供を怒鳴っているようで、たまらずチラッと覗いて見たら、あのいつもは上品なママだったのです。

怒鳴り散らかす姿が想像できないひとだったので、物凄くギャップを感じたのですが、

やっぱりそうよね、子育てって一筋縄ではいかないよねと納得してしまい、

誰にでも切れる瞬間がある、と。

そこから妙に安心してしまいました。

スポンサーリンク

子育てイライラ解消方法 まとめ

一人目は気合で乗り切れたけれど、2人目育児から辛さが増してきた。

子供がずっと喋りっぱなしで、子育てがしんどい。

頼りになる実家が近くにないし、

慣れない土地で、ワンオペ子育てをしている。

子供のご飯を3食作り、

お家をキレイに片づけて、

学校の送迎に付き添う。

十分すぎるくらい頑張っているんです。

イライラを解消する方法は、好きな時に昼寝する、週末の一日くらいゆっくり外に出てみるなど、できるだけ子供と距離を置くと効果大です。

子供はとっても可愛いけれども、四六時中ずっと一緒にいると、脳みそが爆発してしまいます。

お母さんの不安やストレスを無くす事、これが一番先決だと思います。

コメント