フランス家賃の高い都市ランキング、10大都市

お役立ち情報

パリのアパート家賃が高すぎ

パリのアパート家賃が高すぎ

パリのアパート家賃が高すぎ

1998年からの過去20年間で、家賃相場が激しく変動したフランス。

特にパリでは、ユーロ発足の2002年からリーマンショック前まで激しく不動産価格が変動しました。一旦2009年に下落したものの、それ以降ジワジワと微妙に値上がり続けています。

例えば、一人暮らしでパリにワンルームを借りたい場合、家賃は平均で779ユーロ。

フランス人の平均給料は、年代問わずに月2,449ユーロ(手取りで1,836ユーロ、2013年調べ)。

これは家賃が占める割合が給料の4割ちょい!

これはキツイではないか!

パリでアパート購入したい場合

パリ、もしくはパリ近郊で働くカップルの場合、

年収の5倍が住宅購入に妥当と考えるなら

1,836ユーロ×12か月=22,032ユーロ

22,032ユーロ×5年=110,160ユーロ

夫婦共働きの場合、単純に2倍にしても220,320ユーロ

反対に住宅ローンにかかる利子は1,12%(20年ローン)と最安値。

購入時の手数料・税金・その他諸費用を考えると、住宅の値段は190,000ユーロ以下の物件を探さなければいけない。

夫婦2人暮らしの共働きでもっても大きな頭金がない限り、パリでは20平米(およそ11畳)くらいのアパートしか見つからない。

この広さで、家族連れはちっと厳しいかな…

もはや一般市民にとって手の届かない存在になったパリのアパート。

都市別の家賃相場ランキング!

しかし、その他の都市はどうでしょう?

ニースやリヨンなど人気の大都市はパリと同じように上昇していますが、下降の一途を辿る地方もチラホラ。

家賃の高い都市ランキング!

ワンルーム、1DKそれぞれの家賃中央値、()内は新しい借主を見つけるまでの平均日数

都市ワンルーム1DK
1位 パリ 779 ユーロ(40日)  1183 ユーロ(47日)
2位 ニース 495 ユーロ(110日)  690 ユーロ(83日)
3位 リヨン 460 ユーロ(46日)  600 ユーロ(47日)
4位 ボルドー 453 ユーロ(39日)  595 ユーロ(57日)
5位 リール 431 ユーロ(22日)  545 ユーロ(16日)
6位 トゥーロン 408 ユーロ(117日)  560 ユーロ(95日)
7位 グルノーブル 397 ユーロ(62日)  544 ユーロ(73日)
8位 マルセイユ 393 ユーロ(165日)  556 ユーロ(147日)
9位 ナント 387 ユーロ(52日)  500 ユーロ(48日)
10位 トゥールーズ 380 ユーロ(201日)  495 ユーロ(145日)

ソースはle parisien 2018年1月から3月まで調査結果

もちろん、1位はパリ。

パリは10位トゥールーズの家賃のほぼ2倍!

パリの家賃の高さを物語っています。

所有物件を賃貸に出したい場合

パリは借り手がものすごく多いので、

アパート主は、新しい借り主をすぐに見つける事ができます。

その場合でも平均で40日ほど時間がかかってしまいます。

このランキングの中で最短では22日のリール、最長では201日もかかってしまうトゥールーズ。

その上、家賃滞納が発生するリスクも非常に多く、

貸す側にも、なかなか厳しい現状があります。

それ故賃貸契約する際に、様々な必要書類を指定される場合もあります。

パリの人気地区、賃貸契約は争奪戦です

もう一つ難しいこと。

それはアパートが見つからない事。

10年ほど前に、パリの人気地区15区でサロンと小さな寝室だけの小さな小さなアパートの内覧が出来ると聞いて、早速行ってみました。

アパートの1階にある玄関ドアの前からず~っと人が並んでいて、その行列がアパートの外まではみ出ていた事には驚き。

もちろんアパート内は内覧希望者で溢れています。

その後、14区でも同じことが…

賃貸契約をしたい人たちは、次々と必要書類をテーブルの上に置いて帰っていきます。

その場を仕切っているのは、アパート主だったり代理の不動産屋だったりしますが

借り手が選び放題なので、横柄な態度の人も多くて再度驚く。

「あなた学生なの?学生とは契約しないから」

「最低で給料はこれくらいもらっている人」

「銀行の半年分の取引明細を見せて」

「長期契約者以外帰ってくれ」

と目も合わせずに言い放つ、

もうパリに住むのが嫌になるくらいの悪態です。

ちょっと人気地区を離れた20区では、アパート主がフレンドリー。

それでも賃貸契約希望者が多く

書類から審査をされ、アパート主の目にかなった人から契約です。

結局13区に安定の場所を見つけるも、隣人との壁が薄く会話が漏れてしまうほどのボロいアパートを借りました。

あれから10年。

アパートの値段は3割くらい上がっています。

みなさんどのようにしてアパートを借りているのか

不思議です。