ルーブル美術館で入館拒否られた!観光でフランスを訪れる時の服装を考える

ルーブル美術館に入館拒否られた人の服装お役立ち情報
ルーブル美術館に入館拒否られた人の服装
スポンサーリンク

服装がはげしすぎて、美術館の警備員に入館拒否される。

2018年11月にルーブル美術館への入館を拒否られた女性と、2020年9月オルセー美術館で入館に待ったをかけられた女性の服装について、観光でフランスを訪れる時の服装を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ルーブル美術館が入館拒否した人の服装は「露出多め」

27万人のフォロワーを持つ、とあるインフルエンサーが

「当日の服装、何がいけなかったの?」

と、アップした写真。

彼女がルーブル美術館の入館を断られてしまった理由がなんとなくわかります。

▼ルーブル側がストップをかけたのも納得です。

ちなみにこの時期は、11月半ばのパリ。

オシャレは我慢なのか、寒くないのかが気になります。

ドレスの胸の位置があと5センチ上だったら、ギリギリ入館できてたような気がしますが、露出が多いと美術館の規則に違反して、入館できなくなるリスクが高くなる事が分かりました。

オルセー美術館が入館拒否した女性の服装例

そして、2020年9月にも同様の例がオルセー美術館でも起こりました。

胸元が大きく開いたワンピースを着た女性がオルセー美術館で足止めをくらったてしまたようです。

▼こちらの方は、ルーブルのインフルエンサーよりも露出は少なめですが、チェックで引っかかりました。


▼ちなみに、この騒動が起こった週の日曜日、オルセー美術館の対応に怒った20人前後のフェミニストがオルセーに集結。上半身裸でデモを行いました。

スポンサーリンク

ルーブル美術館の規則例と各施設のセキュリティチェック

美術館にもよりますが、

禁止されている装いがあります。

  • 水着
  • 上半身裸
  • 素足

これは、ルーブル美術館の例です。

今回のようなザックリと胸が露出した服装は、

上半身裸ではないにしろ、規則違反になってしまうようで注意が必要です。

セキュリティ・チェックでひっかかる

フランスの有名美術館や有名建造物を入館する際には、

必ずセキュリティを通らなければいけませんが、

例えば、イスラム教徒の方が身に着けている二カーブで顔が隠れている場合。

スカーフで顔が覆われている。この場合はチェックどころか罰金を取られるかもしれません。



そして、仮装している場合も入場できない場合もあります。

以前コチラでも紹介した、Puy du Fou。

▼ここはフランスを代表するテーマパークですが、仮装での入場が禁止されています。


チェックに引っかかるのはよほどの事ですが、各施設に規則があることは注意しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

セキュリティで入場できない人を実際に見かけた事はありませんが、

ズボンが濡れているとの理由で、タバコ屋に入店できなかった人。

ドレスコードに引っかかって入店できない人。

何となく入店を断られている人など。

長くフランスに住んでいると、いろいろな場面に遭遇します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました