【フランス】都市機能マヒ型の大ストライキについて

お役立ち情報
スポンサーリンク

なにかしらのストライキが行われているフランス。

最近では通常のストライキに加えて、droit de retrait (【撤退の権利】命に差し迫った危険があると判断された場合に業務活動を中止し経営陣側に改善を求めるスト ) 、黄色いベスト運動とか入り乱れています…

ストライキで一番困るのは移動手段ですが、

例えストライキが無かったとしても、

理由もなく電車は遅れるし、そのまま何のアナウンスも無しに列車内に閉じ込められる事もある。

ずっとどこかで何かが渋滞している国【フランス 】

まさに今もパリの公共機関の交通情報はこんな感じです。

↓↓

vianavigoのinfo traficより


ストライキとはフランスの国技だと、こちらのページでもお伝えしましたが

↓↓


2019年12月5日~、フランス全土でかなり大規模なストライキが予定されていますよ。

スポンサーリンク

フランス全土の大規模ストライキ

2019年12月5日からフランスの全土で予定されているストライキはかなり大規模。

予定開始日は12月5日ですが、いつ終わるかは分かっていません。

ストライキは何時まで続くのか?

ストライキがいつまで続くのか?

それは、ストライキが始まって見ないとわかりません。

「Grève」と呼ばれるストライキは、ストライキ初日の2日前までに通知しなければいけませんが、

終了予定日はいつまでとか、そういった制限はありません。


日程が決まっているストライキもありますが、

【Grève illimitée】となっているストライキの場合は、終わりの日が特に決まってません。


なので「明日もストライキしよっか!」

と決まってしまえば、翌日もストライキが継続して決行される事になります。


過去にはこのノリで1か月連続してストライキが続いた事もあるし、

昨年2018年のストライキのように、 3か月もの長い間 5日に2日の割合で計画的に実施されていたものもあります。

2019年12月5日の大規模ストライキは前者、 Grève illimitée型です。

予定している電車は走るのか?

これもわかりません。

ちなみに次回予定(2019年12月5日)のストライキ詳細は、前日~2日前にRATP(パリ交通公団 )やSNCF(フランス国鉄)のサイトなどで確認する事ができますよ。(2019・11・28付けの最新情報は下にあります。)

搭乗予定の列車はストライキの影響を受けるのか?

何日も前から分かりません。

ホントにわかりません。

パリ市内なら何とかなりますが、

一番困るのは長距離のやつです。

TGVとかですね…

これは搭乗予定の列車や時間帯などを事前にアラーム登録するのが便利です。

乗車予定の列車に何かしらの影響が出れば自動的に教えてくれるサービスを使うのがよいと思います。

コツは前々日から同時間帯の列車を調べておくのも良いです。

アラーム機能の登録の仕方は次のページの、【フランス国内のストライキ情報 ( TGV・TERなど )】より。

↓↓


アラームにすると便利ですが、事前にSNCF(TGV)からキャンセルの連絡を受けている人もいます。連絡を受けてない方、当日は2分の1が既にキャンセルされているので、あえてSNCFのサイトの予約状況を見るのもいいかもしれません (2019・11・26追記)

SNCFからのTGVキャンセル通知(2019・11・28追記)

キャンセルになる場合はこんな感じでメールアドレス、SMSに連絡が届きますよ。

上のキャンセル通知は、ストライキ予定日の翌日 12月6日に乗車予定だったもの。

12月11日まで申し出で日付変更可能、もしくは払い戻し可能(チケットタイプによっては手数料、追加費用が必要)

チケットの変更や払い戻しは、 OUI.sncf のサイト、もしくはSNCF代理店(購入したサイト)などで手続きを行います。

2019年12月5日・6日、この2日間のTGVの運行情報については、12月3日(火)以降 毎日17時に情報が更新されます。

電車は10本に1本しか走りませんよ(2019・12・03追記)

SNCFによって報告された交通予測(2019年12月5日)

下の予測は平均でになりますよ。

特にオキシタニ( Occitanie )・ブルターニュ(Bretagne)のTERは走りません。

フランス⇔ドイツ( Alleo )、フランス⇔イタリア( SVI )も、電車1本もありません。

フランス国内のTGVも10分の1しか運航しないようです。

とにかく12月5日は学校もなくなったところも多いし交通機関もマヒするので、多くの人は自宅で仕事をすることになりそうです。

予定日の前夜からストライキの影響が出る場合もある

ストライキの開始予定日は定まっているにも関わらず、

前日の夜あたりからジワジワと始まっているパターンもあります。

なのでストライキ当日に大事な予定がある場合は、前日の帰宅時くらいまでに移動した方が吉です。


この間の黄色いベスト運動の1周年の様な激しいデモ。

こんな場所が待ち合わせの場所だったら、予定自体はキャンセルになりそうですが、

乗客のストレスが最大値になる

そして気をつけ欲しいことはストライキ中、電車などを利用する乗客は非常に苛立っています。

いくらストライキと言えども働いている人は沢山いて、電車に乗らないと仕事に行けません。

駅での混雑・人ごみ・待ち時間…

ストライキ中でも一応予定されていた電車がさらにキャンセルになるので、皆さんかなり疲労感Maxです。

とりあえず来た電車に一斉に乗り込むので、そこには人の優しさがありません。

ストライキ中は通常の運行本数を大幅に削減されるので、みんな苛立っています。

なぜストライキが起こるのか?

「またSNCF(フランス国鉄)のストか…」

「RATP( パリ交通公団 )またストライキか…」

と思うかもしれませんが、

2019年12月5日~の大規模ストライキの様に、フランスの主要な労働組合( CFE-CGC・CGT・FO・ Solidaires・Sud・l’Unsa… )が絡んで、SNCFやRATPの従業員や組合にストライキを呼び掛けることもあります。

もちろんSNCFやRATPの組合もやる気満々ですが、他の団体も威力が凄いです。


次回の大規模ストライキの大きな理由の一つは「年金改革」に反対する為なのですが、

SNCFやRATPの従業員や組合だけ ( La CGT-Cheminots・l’Unsa ferroviaire・SUD-Rail など…)が先立ってストライキをやろう!

と言ってるわけでもないです。ですが、多方面の組合からいくつものストライキが通知されているので、かなり大規模なものになります。

病院・学校・郵便局・警察・消防など、公共サービスもストに

ストライキで一番注目されやすいのは交通公共機関の麻痺なんですが、

先ほどお伝えしたように複数の組合が参加する場合もあります。

病院・学校・郵便局・警察・消防など、公共サービスで働く人たちにも労働組合があるので、そこも当然ながらストに参加する場合もあります。

年金改革のように新しい法案を阻止したい場合は、可決する前にストライキをしないと本当に可決されてしまうので、一致団結してストを決行する必要があります。

断固拒否です。

2019年12月5日のストは、年金改革だけでなくいろんな要因が重なったものですが、

多方面からのストライキの表明が相次いでいるので、地方によっては学校が閉まったり、警察が緊急でしか駆けつけてくれなかったりします。

エールフランスもストライキするの?

移動手段の中でストライキされると困るのは空の便。

予約した国際線がストでキャンセルになった経験もありますが、旅行会社を通じて購入しているチケットであれば、旅行会社からキャンセルの連絡が入るし、他の便を仮押さえした上で連絡くれる場合が多いです。

なので海外旅行に不慣れな人は、信頼できる旅行会社を通じて海外旅行の手配をおすすめします。


国際線がストに突入するとホントに厄介ですが、

航空会社のストよりももっと影響が大きいのは、

航空管制官のストライキです。

そして地上スタッフのストライキも別であるのでよく確認しとかないとけません。

どれかが一つかけても、離発着の遅れやフライトのキャンセルなど影響がでるので、航空会社(パイロットと客室乗務員、地上スタッフ)・航空管制官のストをチェックします。


2019年12月5日の大ストライキ、今のところエールフランスのパイロットと客室乗務員のストは表明されていませんが、「地上スタッフ のストライキは行われます。

ただ3つの労働組合(FO・ エアーフランスのCGT・SUD-Aérien ) はストライキ参加を呼び掛けているので、予定日の2日前までは今後の動向をチェックする必要があります。(国際線に影響が出る場合はもう少し先に教えてくれます。)

航空管制官のストライキ、一番大きな労働組合は参加を表明していませんが、2番目に大きな組合は参加します。最低限のサービスになるそうです。

ちょっとややこしいですね。

ただこれらは現在の情報なので、今後は変わるかもしれません。

陸路も配送サービスもストライキするんですか?

陸路もストライキします。

レール・空・陸とすべてのサービスが鈍る事があります。

陸路の厄介なのは、長距離高速バスなどの移動手段もそうなんですが、

配送サービスもストップすることもあります。

物流も運送と同じカテゴリーの労働組合なので、宅配便が届かない事もあります。


そもそもガソリンを積んだ輸送トラックがガソリンスタンドに給油しない場合もあるので、

ストライキが始まる前に、ガソリンを満タンにする必要があります。


ちなみにストライキをしますという通知、民間企業は義務ではないです

陸路のサービスは民間企業がほとんどなので「 やっぱりストライキ参加するわ! 」と決まれば、サービスは即決でなくなります。


ただ民間企業のバスや高速バスは、ストライキ時こそ稼ぎ時です。

ですが人が殺到すると予測されるので、

バスがあっても座席確保は難しいと考えて下さい。


そして移動手段がない…

こんな時の思いつくのはタクシーですが、

大ストライキ中にVTCサービスを利用すると、運賃が3倍くらいに膨れ上がるので、予約する時は料金を必ずチェックします。


フランスのタクシーとVTCの違いについて、くわしくはこちら


▼【記録用】2019年12月5日、大ストライキ当日の様子はこちら

スポンサーリンク

まとめ

2019年12月のような大規模なストライキ、電車や地下鉄が完全にストップすれば、個人のお店は閉まってしまう場合もありますよね。

しかも黄色いベスト運動の人達も参加するので、どうなるか分からないです。

1周年記念の際には大手デパートにも侵入したので、締めとかないと荒らされるかもです。

とにかくパリは混乱するんだと思います。

コメント