デモ隊がルーブル美術館の入り口5つをすべて封鎖。観光客激怒

ストライキ・デモ
スポンサーリンク

フランスでは年金改革に断固反対する為にデモやストライキが続いています。

今までの抗議活動は、街を行進して訴えるとか広場に集まりマクロン政権の年金改革を断固反対するといったものでしたが、

しかし2020年1月17日(金) 、

100人前後のデモ隊が、

ルーブル美術館の入り口5つをすべて封鎖し、

観光客の入場を妨げました。

こんな事が起こったのは初めてで、

当日ルーブルに入場できなかった観光客の怒りはもちろん、フランス国内からも痛烈な批判がでています。

スポンサーリンク

ルーブル美術館がデモ隊に封鎖される


▼インタービューに答える観光客の人々とCGT-Culture(←デモしてる人)

Blocage du Louvre : « J'ai fait 5000 km pour voir… une manifestation »


ルーブル美術館は世界で最も入場者数が多い美術館で、年々ここを訪れている人が増えています。

なのでルーブル美術館を訪れる時にはチケット購入時に日時の予約が必要で、これがないと最悪入場できない場合があります。

ほとんどの場合、予約済みのチケットを持ってルーブルを訪れる人が多いと思うのですが、


ルーブル美術館の公式サイトにも何の情報もなく( 何の前触れもなく )、突然入り口が封鎖されてしまい、ほとんどの観光客が中に入れませんでした…


▼朝10時頃、たった30人のデモ隊の為に何千人もの人が足止めに…


2019年10月24日~2020年2月24日の4か月は史上最大の「レオナルドダヴィンチ展」 も開催しており、中には数か月前から特別展の予約をしてたのに入れなかった観光客も大勢いました。


▼詳しくは、【ルーブル美術館の予約は「ほぼ必須」。モナリザへのアクセスは別途予約が必要 】 より


ルーブルはチケットの払い戻しを申し出ましたが、

ルーブル美術館に来るために何千キロも離れた国から訪れる人など、

滞在費や移動費を支払っている人たちの費用は戻ってきません。

しかもルーブルの本サイトでは「レオナルドダヴィンチ展」 の予約はすでに一杯で、空きがありません…

特にガラスのピラミッドのメイン入り口には30~40人前後のデモ隊しかおらず、何とかならなかったのかなというのが正直な感想です。

当日のルーブルの対応はデモ隊がいなくなれば午後に再開しますというものでしたが、結局午後も閉館されてままでした。


本日は1月18日(土)なのですが、

今のところ昨日と同じような抗議活動は予定されてないとの事です。


▼デモ隊は複数の労働組合から成り立ってましたが、その中の一つ CGT Culture

コメント