フランスのデモで暴れていた過激派のプロフィール

ストライキ・デモ
スポンサーリンク

2018年12月1日(土)。

黄色いベスト運動が始まってから3度目の土曜日の夜。凱旋門がデモ隊に占領され、パリの優雅な街並みが一瞬にしてゾンビ映画のような荒れた姿になってしまいました。

破壊行為や放火、奪略のニュースを見た方は、

「何をそこまで怒ってるの?」

「なぜ火をつけるの!」

と思っていたかもしれませんが、

凄まじいまでの破壊行為をして大暴れしていた人たちは、黄色いベスト運動に紛れ込んだ「Casseur」と呼ばれる人たちで、黄色いベスト運動の抗議者とは全く関係のない人達です。


▼政府の決定に対して真剣(?)に抗議活動をしている和やかなフランス人の様子。

スポンサーリンク

過激派がデモにまじって起こした破壊行為の数々

▼「Casseur(暴れまくって放火・破壊・奪略をする人達)」が起こした破壊行為は凄まじく、当時の映像を見て分かるように、パリの美しい街並みが一転して「リアル北斗の拳」のように荒れてしまいました。

(パリ高級住宅街・16区クレベール通り、凱旋門から入った通りの悲惨な街並み)

どれだけの放火が発生したのか?当時の記事によると、この1日だけで249件の放火が現場にいた消防士に確認されていました。

  • 車両の放火:112件
  • 公共物の放火:130件
  • 建造物:6件
  • 不明:1件

凱旋門の1日の被害額は約70万ユーロだった

2018年の11月半ば~2020年3月の外出制限(コロナの影響で)が始まる直前まで、黄色いベスト運動の抗議活動は毎週土曜日に行われていましたが、その期間の中でも2018年12月あたりはCasseurが大暴れしていた一番酷い時期でした。

これらの超過激派の人達は、凱旋門に落書きをしたり、チュイルリー庭園の門を破壊したり、ジュ・ド・ポーム国立美術館に火をつけたりと、文化遺産までも破壊したり、暴力・略奪行為などの罪も犯しています。

凱旋門が受けた被害額は、12月1日の1日だけでおよそ70万ユーロ(約8800万円)。

警察との激しい衝突映像が全世界を駆け巡り、拘束されている人たちの様子も目に留まりましたが、

凱旋門の破壊行為に関係した過激派の人達が裁きを受ける時が来たようです。

スポンサーリンク

パリで暴れてた人はどんな人?デモ過激派のプロフィール

2018年12月1日の土曜の夜、パリだけで400人以上が拘束されましたが、パリ地検の検事正、レミー・エイツ氏が後日公表した拘束者のプロフィールによると、

大多数は社会によく溶け込んでいる普通の人で、住んでいる場所から遠く離れたところで暴れるパターンが多いと判断できます。

過激派のプロフィール
  • 拘束中の378人の内、未成年者は33人
  • 大多数は、社会によく溶け込んでいる普通の人
  • 年齢は30代から40代が多い
  • 地方から来た人が多い
  • 極右・極左が紛れている
  • 警察と激しく戦うことだけが目的
  • 年齢が若くなると略奪行為に走る

2020年のアメリカのデモでは、極左過激派アンティファが黒幕ではないかとの噂もささやかれていますが、フランスで拘束された過激派の人達は極右・極左の両方が紛れていたようです。

スポンサーリンク

おわりに

ちなみにですが凱旋門付近が滅茶苦茶に荒らされた3日後の12月4日。

戦争で亡くなった名もなき兵士への追悼セレモニーが予定通りに行われ、3日前の暴動が嘘のようでした。

静粛に包まれているようにも見えますが警戒態勢はこの時も続いていて、毎週土曜日の凱旋門・シャンゼリゼ界隈が過激派の人達の待ち合わせ場所のようになってしまいました。

翌週の8日土曜日には、ルーブル・オルセー・エッフェル塔などのパリ有名観光施設が軒並み閉鎖したり、シャンゼリゼ界隈のブティックやレストランなどほとんどの店舗が警察庁からの勧告で閉店したので、経済的にも大きなダメージを受けてます。

デモ活動にまぎれて暴れている人たちの暴力行為、破壊・略奪行為は立派な犯罪なので、全員が捕まって欲しいなと切実に思います。

コメント

  1. ミス・フランス2019がいよいよ決定!ミスになる条件とコンテストの様子 – mousouadvisor より:

    […] […]

  2. どこの世界でもそうですが、便乗して暴動を起こす人には辟易とします。
    あの美しい街並みを破壊し、それを修復するのに、結局は自分達の税金が必要だとは考えないのでしょうかね…。
    しかも、クリスマスに向け、観光客が増える時期のはずなのに…。
    テロもあって、敬遠してましたが、そろそろ落ち着いたかな…と思っていたパリ…
    また、行くのが遠のきそうです”(-“”-)”

    • mousoujin より:

      どこの世界にもクラッシャーはいますよね。

      本当なら、クリスマスシーズンで賑やかな時期なんですけどね。
      街を正常に戻すために、常に厳戒態勢です。

タイトルとURLをコピーしました