海外あるある

海外あるある

海外の格安航空会社を利用したトラブル。国際線で床に座るように指示される。

海外で格安航空会社を利用したトラブル。国際線に搭乗するも座席無く、床に座るように塩対応されてしまったお話の紹介。その後どうやって正式な謝罪と全額返金をうける事ができたのか?を説明。海外と日本のサービスの違いや対処法を紹介。
人・心理・行動

パリに一軒だけのヌーディスト・レストラン、集客不足で閉店へ。ナチュリストって何?

パリ唯一のヌーディスト・レストラン「O’Naturel」情報。過去には200万以上の反響があった「パレ・ド・トーキョーの展示会」を裸で鑑賞するお出かけイベントを企画するなど、精力的な活動を行っているナチュリスト(ヌーディスト)・パリの活動を紹介。
イベント情報

リヨンの街が鮮やかな光に包まれる?2018年のLa Fête des Lumières

リヨンを代表する祭典、La Fête des Lumières。今年はデモの影響で1,200人の治安部隊が配置されています。

お役立ち情報

ルーブル美術館で入館拒否られた!観光でフランスを訪れる時の服装を考える

入館拒否をされる事はほとんどありませんが、フランスの有名美術館、有名建造物にはセキュリティ・チェックなるものがあります。 今回は露出が激しくて、入館拒否されてしまったインフルエンサーの小話です。
お役立ち情報

airbnbをフランスで活用する。アパートのまた貸しは行為はリスク大!

フランスでの賃貸物件の又貸し(またがし)は、日本と同様に違法です。 借りているアパートで利益を上げることは禁止されています。 今回は、借り主のくせにairbnbで部屋を提供していた女性に痛い判決がおりたお話です。

法律関係・規則

【フランスつながらない権利】休暇中の新たな業務依頼は1,500ユーロの罰金

【休暇中の業務連絡】にまで及んでしまった法案が可決され2017年1月より施行された。これにより休暇中の連絡手段をオフラインにする権利が生まれました
海外あるある

【フランス】狂暴化したヴィーガン個人店を標的にする

過激なヴィーガン活動家。動物に優しい割には人間に対して暴力的になったりモラルを忘れることもシバシバ。

フランス現地情報

【海外旅行】低予算で行ける10か国!あの国もランクイン…

格安で行ける海外旅行TOP10に、あの国が紛れ込んでいました。軽々くおススメできない恐ろしい国、なぜ旅行者におススメされているのか知りたいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました