【ホテル備品の持ち帰り問題】高級ホテルで盗難されやすいもの

【ホテル備品の持ち帰り問題】高級ホテルで盗難されやすいもの海外あるある
【ホテル備品の持ち帰り問題】高級ホテルで盗難されやすいもの
スポンサーリンク

ちょっとお高めのホテルに泊まったよ。

せっかくなんで元を取ってやろう…

こんな感じで、ホテルの備品までを盗んでいってしまう人が後を絶ちません。

ホテルの可愛いアメニティをお土産にするというよりも、中には盗っ人丸出しの悪質なケースも含まれます。

高級ホテルで盗まれやすいホテル備品、そしてお国柄別でどの備品を持ち帰る傾向があるのか解説していたサイトがあったので紹介しますよ。

スポンサーリンク

持ち帰りが頻発するホテル備品

ホテルや旅館から持ち帰ってはいけないものだけど、持ち帰りが頻発している備品。

タオル・バスローブ・寝具のシーツやカバーあたりが想像できますが、

ホテルで持ち帰られている備品の中には、想像を超えるビックリするもの・嫌がらせとしか思えないものもありますよ。

まずはホテルではどういった備品が盗まれているのか?

そんなリストが発表されていたので紹介します。

ホテルで最も盗まれたものトップ20

最も盗まれれる頻度の高いホテル備品(上位から)
  1. バスタオル
  2. バスローブ
  3. ハンガー
  4. ボールペン
  5. 食卓用のナイフ、フォーク、スプーン
  6. コスメ商品(シャンプー・ボディーソープなど)
  7. 電池
  8. アートな作品・置物
  9. シーツ・カバー
  10. クッション
  11. 食器類
  12. リモコン
  13. パソコン
  14. ドライヤー
  15. アイロン
  16. カフェマシーン
  17. 照明
  18. 電話
  19. テレビ
  20. マット

(Wellness Heaven 調べ )

1位~11位までの備品。スーツケースやバックにすっぽりと入るものが多いですね。

しかし12位のリモコンなんて…

リモコンだけ持って帰って何すんだろうと思いますが、リモコンを持ち帰るケースは結構あるそうです…

半分、嫌がらせとか腹いせが混じってる感じでしょうか?

そして13位以降、大物狙っている感が増えてきます。どれも高額なものばかりで被害額が大きくなってます。

20位のベットマットなんて、持ち出しているのがバレない方がおかしいんじゃないか…

と思うんですがサイズは問わず盗まれてしまうようです。

持ち帰り問題と言うよりも、りっぱな窃盗です。

スポンサーリンク

高級ホテルであれば、持ち帰り備品も高級になる傾向がある

しかし先ほど紹介した持ち帰り備品とちょっと事情が変わるのは、高級ホテルです。

特に4つ星・5つ星などの超高級ホテルになると設備や備品の質がよいので、狙われているのものが高額になる傾向にあるのだそう。

高級ホテル備品の持ち帰り問題 平均の被害は?

バスローブにしてもホテル名が刺繍されていたり、お部屋に飾られたアートもなかなかのお値段がしますが、

高級ホテルにあるもの、例えばカフェマシーン・テレビ・タブレットなどなど、一般のホテルよりも良い物が多いですよね。

なのでこういったものが多く盗まれてしまう傾向にあるのです。


しかも高級ホテルの場合、狙われているのはホテル備品だけでなく、

ホテルの部屋に設備されているものも盗まれる例があるのだとか。

設備というとちょっと分かりづらいですが、

例えば、シャワーヘッド、便座、排水管、さらには洗面台など…

解体しないと持っていけないような配管用品の盗難なども報告されてます

犯人は盗んだもので浴室を改装したかったのだとか…


ちなみに、ホテル備品や設備の持ち帰り被害額(1年)は、

  • 一般ホテル…5500ユーロ(約66万円)
  • 高級ホテル…20000ユーロ (約240万円)

高級ホテルは一般のホテルと比べると3~4倍ほどの被害額になっています。

過去にあった驚きの盗難手口

度々起こってしまうホテル備品の持ち帰り問題ですが、

中には度肝を抜かれるほど大胆なものであったり、思わず「セコっ!」と唸ってしまうものまでありますよ。

過去にあった持ち帰り問題 その① (パリ)

パリの5つ星ホテルに飾ってあった「(番号入りの ) 石版画」
丁寧に額縁から石版画を外して盗んだ代わりに、下の台紙にジャン・コクトー風のデッサンを赤い口紅で描いてカモフラージュしているのが見つかりましたよ。

ちなみにジャン・コクトー風のデッサンとはこんな感じ↓

過去にあった持ち帰り問題 その② (パリ)

同じくパリ。
お部屋の床を覆っている絨毯をキングサイズのベットサイズに切り取り。
自宅に持ち帰ってラグにしようとしていた。

過去にあった持ち帰り問題 その③( Starwood Hotels & Resorts Worldwide グループ)

3人組が業者に見せかけて、レセプション近くにあったグランドピアノを持ち去る

過去にあった持ち帰り問題 その④( アメリカ)

部屋のものがすべて盗まれる。
椅子・テーブル・ベット・マット・テレビ・ランプスタンド・アイロン・カーテン・床の板材まで、すべてが無くなる
犯人のカップルは、部屋を駐車場の真横に指定していた。


バレないように小細工する人、堂々と持ち出す人がいて、世の中広いなと実感。

ちなみに持ち帰りの犯行に使われるのは、ホテルの地下へとつながるエレベーター、

夜中に地下駐車場まで一気に持ち出す手口が多いそう。

ホテルの備品、持ち帰って良いもの

ホテルや旅館に泊まった時、小さな石鹸とか、小瓶に入ったアメニティーとか宿泊人数分準備しているものがありますよね。

宿泊料金に含まれるものであれば持ち帰り可能ですよ。

ホテルによっては、超高級なアメニティセットを準備しているところもありますが、

宿泊プランに含まれていれば持ち帰り可能になります。

スポンサーリンク

お国柄によって盗む傾向が違うことが分かっている

Wellness Heavenの研究によると、どんな備品を盗むのか国によって傾向が似ているそう。

国民別、ホテル備品の持ち帰りが多い物
  • フランス人はテレビやその他のリモコン
  • オランダ人はトイレットぺーパー・電球
  • イタリア人はワイングラス
  • スイス人はドライヤー
  • イギリス人とドイツ人は、タオル・バスローブ・化粧品
  • オーストラリア人はカフェマシーン
  • アメリカ人は電池・クッション

この中で一番嫌なのはフランス人のテレビやリモコン。

他の調査でも(Harris Interactive ) フランス人の26%はホテル備品の持ち帰り経験があり、しかも盗むものが大胆だと付け加えられてます。

そして謙虚なのはオランダ人やイタリア人。

一番クラシックなのは、イギリス人とドイツ人といったところでしょうか?

ちなみにタオルやバスローブ以上に化粧品を持ち帰る傾向が高いそうです。

オーストラリア人も結構欲張っていると思うんですが。

とにかくホテル備品の持ち帰りは犯罪になります。



【参考サイト】
https://www.challenges.fr/lifestyle/voyages/le-top-20-des-objets-les-plus-voles-dans-les-hotels_109840
https://www.capital.fr/lifestyle/le-palmares-des-objets-les-plus-voles-dans-les-hotels-de-luxe-1357129

コメント