法律関係・規則

法律関係・規則

未成年者の海外旅行(親の同伴無し)、渡航同意書が必要です。

フランスでは親が同伴しない(また片親が同伴する)未成年者の海外旅行に、渡航同意書の提示が義務になりました。「未成年者の海外旅行に必要な物」「対象となる子供」「片親が渡航に同伴する場合は?」「出国に必要な書類は?」を紹介します。2017年と2018年の体験記も書いてます。
お役立ち情報

フランスで電動キックボードをレンタルする時の注意。最高1,500ユーロの罰金が潜んでるよ

フランスで電動キックボードの利用の仕方と、レンタルする前に知っておきたい注意点や、2019年9月から導入される新たな規制についてお伝えします。違反すると1500ユーロの罰金になる場合もあるので、ルールを守って必ず利用してください。
お役立ち情報

5月1日はフランスの祝日。主要美術館もデパートもお店もレストランもほぼ閉まります

5月1日はフランスの祝日「労働者の日」です。この日はフランス中のお店・レストラン・美術館・観光施設が営業していないので、観光の予定が大幅に狂ってしまう1日です。ここでは当日に閉館してしまう施設や、パリでお出かけできるおススメの場所を紹介しています。
法律関係・規則

パリのカラフルな街並みで有名な通り。インスタへの投稿は罰金135ユーロ!

観光地でも何でもない・お店もない、パリのとある家の前の通りが、写真を撮る人であふれかえる… 常識を超えた範囲で侵入してくる人たちが後を絶たなくなった為、パリ市から厳しい罰のお知らせです。
フランス現地情報

フランスで巻き起こるイスラムのスカーフ論争。フランスでの反応まとめ

フランスでたびたび起こるイスラムの「スカーフ論争」 。何がよくて、何がダメなのか?今までフランスで物議をかもした、スカーフ討論について。 2019年、フランスで大物議中のデカトロン「ランニング用ヒジャブ」をめぐる論争など、フランスでの反応を紹介。
法律関係・規則

悲しいフランスのペット事情。毎年10万匹の犬・猫の多くはバカンス前に捨てられる…

フランスのペット事情の紹介。毎年10万匹近いペットを捨てているフランス。その多くはバカンス前に集中してしまう、ペット飼育放棄にまつわるお話。また、ひどい状況下で繁殖させられる・育てられる動物を少しでも減らすための取り組みを紹介します。
法律関係・規則

【フランス労働法】休暇中の新たな業務依頼は1,500ユーロの罰金

【休暇中の業務連絡】にまで及んでしまった法案が可決され2017年1月より施行された。これにより休暇中の連絡手段をオフラインにする権利が生まれました
スポンサーリンク