本好きさん集まれ!パリで最も美しい書店【5選+α】

本好きさん集まれ!パリで最も美しく歴史ある書店【5選+α】ランキング・TOP10
本好きさん集まれ!パリで最も美しく歴史ある書店【5選+α】
スポンサーリンク

大手通販サイトの便利さに負け、ついついネット注文しまい、段々と無くなりつつある本屋さんに虚しさを感じる今日この頃。

日本はもちろん世界中どこにいても、素敵な本屋さんや図書館があれば迷わず行ってみる事をおすすめします。

そこにだけしか置いていない本に巡り合うことができたり、興味ある本を手に取って見て、その中からお気に入りの一冊を見つける事ができたり、価値のある時間を過ごすことができるからです。

今回は、旅の1ページに加えて欲しい、思わず立ち寄ってみたくなるパリの美しい書店を紹介します。

スポンサーリンク

パリで最も美しく、歴史ある本屋さん

パリの街並みを歩いている時、なんか気になるけど何だかわからない建物であったり、一般人が入っていいのか悩んだりすることがありませんか?

でも【Librairie】という文字を見つけたら、そこは間違いなく書店なので、勇気を振り絞って店内に入ってみてください。

フランス語が読めるかどうか?

そんな事は関係ありません。

これから紹介する書店は、ジモッチにとっても観光客にとっても素敵すぎる立地に位置していたり、歴史ある書店だったり、何かに特化した専門書を置いていたり、世界に2つとない書店だったりします。

中には観光客でいつも賑わっている書店もありますので、外観とは裏腹に立ち寄り易い所もあります。

近くを寄る機会があれば、ぜひ行ってみる事をおすすめします!

La librairie Jousseaume

パリで一番美しいとされるパッサージュ「Galerie Vivienne」 の中に佇む本屋さん。


パッサージュとは、日本でいえばアーケード・商店街になりますが、代名詞が商店街としか思い浮かばないのが申し訳ないくらいの場所です。

「 librairie Jousseaume 」は、1826年に創業してから200年近く続く歴史ある本屋さんです。

歴史・文学・旅行・ポエム・図解・劇場・音楽など、18・19・20世紀の貴重な本のセレクションが揃っています。

日本の書籍もちらほらあります。

住所: 45 Galerie Vivienne 75002 Paris (パレ・ロワイヤル隣り)

La librairie Shakespeare & Co

一見すると入りづらい感じがする、こじんまりした古い本屋さん。


パリ5区のカルチェラタン界隈にある「Shakespeare & Co」は、1951年オープン以来、セーヌ川左岸の英文学交流の場として知られています。

映画の舞台になったり、カルチェラタン散策のモデルコースになっている場所だったりするので、本好きの方はもちろん、観光客の方も多く訪れています。

隣に系列のカフェがあるので、そこで一休みするのもおすすめです。

住所: 37 rue de la Bûcherie 75005 Paris (ノートルダム大聖堂から歩いて10分くらい)

La librairie du Passage

1836年に完成したパッサージュ「Passage Jouffroy」内にある本屋さん「La librairie du Passage」。


こちらの本屋さんでは、モノグラフ・展示会カタログ・彫刻・装飾美術・グラフィックアートなど、美術に特化した3万点の作品が並べられています。

「Passage Jouffroy」は、 これがノスタルジックなパリなのね!

と思わずうなってしまう通りで、グレヴァン蝋人形館もこの中にあります。

ブラブラ歩くだけでも楽しいパッサージュ。

住所: 48 Passage Jouffroy 75009 Paris

La librairie Galignani

1801年創業の本屋さん、チュイルリー庭園横のリヴォリ通りにあります。


フランス文学・歴史・経済など様々な分野を取り扱っていますが、英語本のスペシャリストとしても人気の書店です。

そしてファッション・ジュエリー・装飾などの美術本も必見です。

様々なイベントも開催されていて、サイン会や議論の場を設けたりしていますが、気軽に入った本屋さんで、こんな議論会が行われていたらビックリです。

インテリジェントの象徴、腕を組む、あごに手を添える、そんな人が沢山です。

住所:224 Rue de Rivoli 75001 Paris

La librairie Delamain

1700年創業!パリで最も歴史ある本屋さんに数えられる「La librairie Delamain」


取扱っている分野は、文学・小説・旅行・アート・宗教・経済・法律・バンドデシネ、そしてマンガと
幅広い書店。

そして18世紀の終わりから現代アートまで、5000千冊の古本のコレクションがあり、ジャン・コクトー、ミッテラン大統領も度々訪れていた本屋さんです。

住所:155 Rue Saint-Honoré 75001 Paris

La librairie Assouline

サン ジェルマン デ プレ教会近くにある、赤い入口が目印の本屋さん。

歴史はないですがちょっと気になったので+αで紹介したいと思います。


建築・アート・デザイン・ファッション・グルメ・ジュエリー・高級ブランド・フォトグラフィー・旅行・デザイナー・画家・著名人など、主にお洒落さんが好きそうなカテゴリ―ばかりが集められた本、しかも特別版が多く揃う本屋さんです。

本の間に高級ギフトアイテムが置いてあったり、店内にはハイソな雰囲気が漂っています。

住所:35 Rue Bonaparte 75006 Paris

今回紹介した本屋さんはどこも有名観光地の近くにあるので、ちょっとついてでに立ち寄ってみるのもいいかもしれません。


コメント