フランス大統領、マクロンさんはリフレッシュ中。滞在ホテルを覗いてみました

フランス大統領、リフレッシュ中の滞在ホテルを覗いてみました おすすめホテル
フランス大統領、リフレッシュ中の滞在ホテルを覗いてみました

一国のリーダーになるには、桁外れのエネルギ―が必要です。

フランスではここ最近、

世論をザワつかせていたニュースがあります。

スポンサーリンク

フランス大統領は疲れている…

大統領就任以来、

休みなく改革を推し進めている若きリーダーは、

とってもハードワーカー。

正直今、疲れ切っています。

スポンサーリンク

マクロンさんはリフレッシュ中

マクロンさんにも休暇が必要、

激務に激務を重ねる夫を気遣い、

「STOP」をかけたブリジット夫人。

11月1日(木)から明日の11月3日(土)までの3日間

大統領もポンを取り入れ、完全休養です。

大統領就任以来、スケジュールが白紙になったのは今回が初めて。

休養先は「Honfleur」

honfleur.jpg

休養先はノルマンディ地方にある「Honfleur(オンフルール)」

パリからは車で2時間程度なので、

プチバカンスやリフレッシュに程よく、

週末は多くのパリジャンで賑わう港町です。

マクロン大統領も11月1日の祝日(Toussaint)

旧市街にあるビストロを訪れた後、通りを散策する様子が伝えられました。

大統領一家は20年以上も前から、ここでカフェをとっているのだそう。

大統領はどんなホテルに泊まるの?

完全プライベートな今回のプチバカンス。

大統領が滞在するホテルとは、どのような所でしょうか?

 la ferme Saint-Siméon

訪れたホテルは「la ferme Saint-Siméon」

田園風景の美しい5つ星の高級ホテルで、各国のセレブが訪れています。

このホテルは印象派発祥の地と言われ

自然の中で、絵画のレッスンも頼めます。

一人、100ユーロなり。

敷地内にある建物には、17世紀に建てられましたものもあり、


写真なの?

絵なの?

ちょっとわからなくなる美しさです。

落ち着いた感じ、けれども緊張してしまうレストラン。

もちろんスパもありますし、アクティビティが贅沢です。

素晴らしいとしか、言いようがないホテル。

値段は一泊、360~1,205ユーロ(一人当たり)

大事な人とゆっくり過ごしたい場所ですね。

スポンサーリンク

まとめ

マクロンさんは、この短めのバカンスで体力を回復できるのでしょうか?

ちなみに、この短めの休養が終わった11月4日(日)~11月11日(日)から、早速24時間体制の激務がまっています。

コメント