アルザス地方のカイゼルスベルグ。中世からの伝統的なクリスマスを過ごせる美しい村

アルザス地方のカイゼルスベルグ。中世からの伝統的なクリスマスを過ごせる美しい村グラン・テスト
アルザス地方のカイゼルスベルグ。中世からの伝統的なクリスマスを過ごせる美しい村
スポンサーリンク



クリスマスシーズンに絶対外せない「コルマール編」「ストラスブール編」
↓こちらもご覧ください!↓

クリスマスをアルザスで過ごしたい!

(アルザス地方、2016年に他地域と合併し、グランド・テスト「Grand Est」と名称が変更されました。)

いついってもフランスの素晴らしさを実感できるアルザスですが、

アルザスの伝統的な木造建築と石畳の通り、クリスマスにはなおさらグッとくるものがあります。

もしコルマールを訪れる機会があれば、コルマール周辺には

中世からの伝統的なクリスマスを味わえる美しい村」があります。


クリスマスシーズンにアルザス地方に行くならば、

いくつかの村に立ち寄ることをおすすめします。

スポンサーリンク

コルマール近辺のクリスマス村

コルマール近辺には伝統的なクリスマスを過ごせる「クリスマス村」が複数あります。

ワイナリー・レストラン・お店・アトリエ・パン屋・路地・デコレーション…


村全体がまるで中世のような夢の世界で、アルザスの伝統的なマルシェ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)とイルミネーションで訪れる人を魅了します。


それぞれの村にはクリスマスのテーマがあるので、違いを楽しむ事もできますよ。


コルマールから、それぞれの村に巡回バスが出ているので、コルマールを拠点に一つ一つの村を訪れてもいいですよね。

↓バスは予約制です↓

http://www.navettedenoel.fr/


今回は、その中でも一押しのクリスマス村を紹介したいと思います。

カイゼルスベルグ「Kaysersberg」

2017年にフランス視聴者が選ぶ「お気に入りの村」、堂々の1位に選ばれた村です。

想像通りのフランスの美しい村がギュッと凝縮された村で、「コルマール」とセットでおすすめしたい場所です。


ストラスブールが「ノエルの都」というならば、

カイゼルスベルグは「ノエルの皇帝」と呼ばれています。

たぶんここが一番のおすすめかも。


カイゼルスベルグのクリスマスのテーマは、「森のクリスマス


お店やアトリエのウィンドウ巡りも素敵ですが、

カイゼルスベルグのマルシェ・ド・ノエルには、地元の工芸品やオリジナル作品を30棟の山小屋で出品しています。

いずれの出品者もカイゼルスベルグのクリスマス協会に所属している厳選された職人です。


アルザスのここでしか買えないものばかりが集められています。


圧倒するクオリティー、しかも可愛いい。


これこそが正統派、お菓子のお家。

童話がよみがえってきます。


アーティストが多く参加しているので、ここだけしか買えないものも多いのが特徴です。


もちろんイルミネーションも素敵です。

寒いですが夜に出かける価値があります。


伝統が失われていない、本格的なクリスマスを味わいたい方には、「カイゼルスベルグ」おすすめです。

マルシェ・ド・ノエルの日時

マルシェ・ド・ノエルは週末のみ

12月14日(金)・15日(土)・16日(日)

12月21日(金)・22日(土)・23日(日)

時間:10時00分~20時00分まで


カイゼルスベルグのクリスマス特設サイト
↓詳しくはこちらをご覧ください↓
www.noel-a-kaysersberg.com



クリスマスシーズンに絶対外せない「コルマール編」「ストラスブール編」
↓こちらもご覧ください!↓

コメント