コロナウィルス

旅の基本

南アフリカ旅行中のフランス人。コロナウイルスを広めたとして殺人未遂で起訴される

コロナウィルスの影響で世界中がピリピリしている時に海外旅行に行ってはいけない理由。南アフリカでコロナウィルスに陽性反応を示したフランス人が殺人未遂に問われてしまった事件を紹介します。
フランス現地情報

【フランス】外出禁止令が響かない→強化された罰則が採択。2度目の規則違反で逮捕される人が発生

外出禁止令が響いていないヨーロッパ人。最初っから厳しめの規則と罰則がないと従わない人が続出です。2020年3月22日に国会で新しい規則の改正が採択されました。違反外出】を繰り返している人は「違反者」でなく「犯罪者」になり刑期と罰金が科せられます。
お役立ち情報

リスク地域への旅行キャンセル。Airbnb・Booking・Expedia・格安航空会社… 各社対応まとめ

コロナウィルスのようなパンデミックが起こった時の各社対応まとめ。利用予定だった航空会社や宿泊先によっては対応が違うので、海外籍の格安航空券を購入していた人、キャンセルをした時期が早かった人などは、キャンセル料を払った人もいるだろうといます。この記事では、リスク地域への旅行キャンセル。Airbnb・ホテル・格安航空会社の対応まとめと日本初のパッケージツアーを利用した時のキャンセルが発生しない場合についてお伝えします。
フランス現地情報

【警戒段階ステージ2→警戒MAXのステージ3へ】新型コロナウィルス、フランスへの影響は?

【ステージ2→警戒MAXのステージ3へ(2020・3・15追記)】フランスは感染症流行の警戒段階が「ステージ2」に引き上げられました。「医療関係者の人員確保」「公共交通機関の利用制限、もしくは停止」「学校の閉鎖」「大規模な集まりや集団活動の制限」など。感染症対策は、特に観光業やイベント開催には大きな影響を受けますので注意してください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました